学生でもOK?バイクの学生ローンの組み方

バイクを購入するための学生ローンの組み方として、借りたお金は返さなければならないため、収入を得ておく必要があります。これはアルバイトでも問題ありませんが、安定性が重視されるので、アルバイトを始めてすぐに申し込むよりも長期的に続けていた方が審査に通りやすくなります。
学生ローンの組み方として、学生であっても高校卒業以上でなければ利用できません。予備校生や専門学校生は利用できない場合があるので、融資条件を確認しておきましょう。
学生ローンの利用を親に知られないようにする組み方として、年齢が20歳以上になるのを待ちます。20歳以上であればどの学生ローンでも本人だけで融資条件を満たせるので、親に知られることなく利用できます。20歳未満の場合、単独で契約すると法律上は契約が不成立となり、一方的に解約されて元金も取り返せなくなるリスクが金融機関側にあるため、単独では利用できないことがあります。この場合、親が保証人になれば利用できますが、同意を得る必要があり、電話連絡もあるので親に知られてしまいます。ただし、学生専門に融資をしているローンであれば20歳未満でも親の同意不要で利用できるところがあります。
学生ローンの組み方で注意しなければならないのが総量規制です。貸金業者が運営しているのでこの制度の適用対象になり、年収の3分の1までしか借りられません。アルバイトで得られる収入は少ないため、高額の借り入れはできません。より多くの金額を借りたい場合、審査が難しくなり、親の同意が必要になることもありますが、銀行のカードローンや、バイクの購入に限定するのであれば低金利のカーローンの審査に通るか試してみると良いでしょう。
http://cardloan9.hateblo.jp/entry/20161119/1479481290

,